保険見直しの注意点

保険を見直す際に、プロに相談すれば大丈夫と思われがちですが安易に相談して決めることは危険です。もともと加入している保険がある場合、やめてしまえば受け取ることができる保険金が受け取れませんし解約時にはそれまで払った保険料のほとんどが戻ってきません。ですから、今まで支払った保険料と返戻金の金額、そして保険を変えることで起こる利益とを比較して本当に保険を変えることに意味があるのか確認しなければ保険を見直しても損をすることがあります。

また、保険に対する考え方や家計と保険料とのバランス、マネープランといったものには個人の価値観も含まれます。そこで、保険を見直す際にプロに相談しても、その人の主観も含まれてしまうものです。そこで、より慎重に考えたい時には相談するだけでなく自分自身も保険の勉強も必要ですし、セカンドオピニオンを受けることも有効です。お得であるとすぐに飛びつくのでなく様々な側面から慎重に判断しなければ、最終的に保険料を予定より多く支払うことになってしまったり途中で保険会社が倒産したり当初とプランが変わってしまうこともあります。ただ保険の内容だけで決めるのではなく、社会情勢も含め広い視点で見た上で検討することが大切です。

保険見直しのプロ

保険を見直す際、自分で勉強して必要なものを再検討したり不要なものを削除するということができます。しかし、保険というのはたくさんの商品がありその全てを把握することはとても大変ですし、保険に関わる知識についても身につけるのは大変なものです。ある程度の知識はインプットができても、自分に合ったものを選ぶことは大きな決断が必要ですし自分の知識や考えだけでは偏った見方になることもあるため不安もありますから出来れば第三者の意見をもらいたいと思うものです。

最近では、そのような時に気軽に保険見直しのプロに相談をすることができるようになりました。その方法も複数あり、ファイナンシャルプランナーに相談する方法と保険見直しの窓口で相談をする方法もあります。ファイナンシャルプランナーは保険の知識だけでなく金融の知識全般の知識があるために、家計全体の見直しにも有効です。ただ、より保険の内容に精通した人の意見を聞きたい場合には保険見直しの窓口での相談が望ましいです。保険見直しの窓口は複数の保険会社が合同で出資して開設しているので偏った会社の商品だけでなく幅広い保険会社の商品からあったものを選んでもらうことができます。

保険見直しを考える

一度保険に加入すると保険見直しの機会を作らずそのままという人も多くいます。一昔前までは、保険というのは家と同じくらい大きな買い物とされてきました。加入すると死亡するまで入るものであると考えられてきたため、加入時にしっかり考えて検討する必要があるとされてきました。しかし、一昔前までの保険というのは多くの人が知り合いの外交員から勧められたものにそのまま加入するものでした。この場合、確かに家庭環境や生活状況を知った上で保険を勧めてもらうことができますが、その人の勤めている保険会社の商品の中からしか選ぶことができないですし、付き合いがあるために断りにくいという点もありました。

最近ではこのような人付き合いが希薄化してきたことでこのような方法で加入をすることが減りました。そして、多くの人が長引く不況や金融危機のために保険への加入についても多くの会社から比較検討の上で選ぶ人が増えています。また、インターネットの普及で様々な情報が簡単に手に入れられます。保険についても自分にあった保険を調べることもできますし保険会社の口コミについても知ることができます。そのため、加入前に様々な保険会社のたくさんの商品の中から自分や家族に合ったものを探し出して加入することができるようになりました。しかし、加入しても満期になるまでに家族の状態が変わったり家族の数の増減が起こるものです。そこで、ここでは加入後の見直しについて、よく検討するために有効な方法について紹介をしていきます。